富士山吉田口の山小屋 鳥居荘 竹野 高文さんの口コミ【富士さんぽ】
HOME ページ選択 山小屋一覧鳥居荘口コミ一覧竹野 高文さんの口コミ

文字サイズ

標準特大
LastUpdate 2016/10/09

吉田口 鳥居荘の口コミ

利用日2016年 9月
投稿者竹野 高文さん(会社員) 男性
住まい東京都 日野市
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

竹野 高文さんによる、吉田口 鳥居荘の口コミ。

夜のベンチ

富士山には2回目の登山になります。
宿泊ではなかったのですが、非営業時に、外のベンチをロープで縛ってしまうのが見られ、残念でした。
8合目近くになると岩場の上りが多く、階段もきつく、次の山小屋までもう少しという目標にして進むことが多いのですが、特に初心者は、数分、ベンチに座って休みながら進みたいのに、あんなに冷たい仕打ちをしていると、正直、こんな山小屋は利用したくないという気持ちが働くものです。
いろんな事情はあるでしょうが、登山客第一というサービス精神はもっていてほしい。

(投稿受付日:2016年 9月5日)

富士さんぽ管理人から一言

投稿いただき、ありがとうございます。お気持ちはすごい良く分かります。ヘトヘトになって山小屋にたどり着くと、やっぱりベンチに座って休憩出来るのはありがたいですよね。でも、山小屋も意地悪でベンチを使えなくしているわけではないのです。山小屋を閉めたあとであっても誰でも使える状態で残しておくと、仮にベンチが壊れて怪我をする人が出たら、山小屋の管理責任が問われてしまいます。

そんな大げさなと思うかも知れませんが、実際に登山シーズン中にある山小屋のベンチが崩落したことがあったそうです。幸運にも誰も座っていなかったので大事にはなりませんでしたが、もしそれで死傷者が出ていたら、その山小屋の存続も危ぶまれる事態となっていたでしょう。

このように、山の中であっても人工物(ときに自然物も)は誰かが管理しており、それに付随して責任が発生する以上は、安全性を考えて使用禁止の措置をとらざるを得ないことがあるのです。

でも、目の付け所が面白いですね。私も営業終了後にベンチの板を取り外してしまっている山小屋を見たことありますが、そういう情報も登山者目線からは必要かも知れません。またお気づきのことがありましたら、ご投稿ください。

▲TOP