RSSアイコン

富士さんぽ画像掲示板

画像だけでなく、当サイトに対する感想、意見、不具合の報告などにもご利用ください

[ 一覧表示 ] [ スレッド別 ] [ 画像一覧 ] [ 新規投稿 ] [ サイトに戻る ]

[395] 無題

[Res]
投稿者:hiroさん
更新お疲れさまです。
今年もシーズン始まりましたね!

ところで、山小屋・施設の口コミのページがリダイレクトループでつながらなくなっているようですので点検方宜しくお願いします。
2015/07/01(Wed) 13:36:35 [編集/削除]

1件のレスが省略されています。
全て見るにはここをクリックして下さい。

[397] Re: 無題

投稿者:hiroさん
修正の件、各ユーザーさんの投稿に移動しようとすると、まだ404になってしまうようです。
更新履歴からはいけるようですが…
2015/07/01(Wed) 22:30:29 [編集/削除]

[398] Re: 無題

投稿者:富士さんぽ管理人さん
うぅ・・・

重ね重ねありがとうございます。
また、折角投稿いただいた内容が見られない状態になっていたことは、申し訳ありませんでした。

リンクは直りましたが、キャッシュが残っていると更新が反映されない可能性があるので、ご利用のブラウザで『ページの再読み込み(F5ボタン)』をお願い致します。
2015/07/02(Thu) 20:34:35 [編集/削除]

[399] Re: 無題

投稿者:hiroさん

画像

x (5KB)
参照数:282

ご対応ありがとうございます!
今年もマイカー規制が厳しいので、御殿場と須山口メインで何回かいこうかなあと思っています。

でも世界遺産になってから登山者少ないですね。
協力金のやり方とか、弾丸登山規制という名の日帰り登山規制とか、色々と検討が必要な気がします。試行錯誤で少しずつ良くなっていくといいですね。

この夏もみんなが安全に富士山を楽しめますように…
2015/07/02(Thu) 22:34:03 [編集/削除]

[400] Re: 無題

投稿者:富士さんぽ管理人さん

画像

400 x 300 (25KB)
参照数:277

exifアイコン

そうですね。
富士山は、ちゃんと練習登山をして、夜明けから登れば日帰りできる山なのだから、もっと日帰りを増やす方向で分散させられるはずです。
山小屋としても、宿泊でなくとも日帰り登山者からもメリットがあるはずなのに、日帰り登山者を遠ざけてしまってはダメですよね。

具体的には、登山バスをもっと早い時間から動かすべきです(特に静岡県側)。
電車の始発は早められないにしても、高速バスを夜行でシャトルバス駐車場まで運行するように富士急と連携するとか、方法はいくらでもあると思うんです。

マイカー規制も協力金もトイレチップの問題も、色々課題は山積です。
外国人登山者の受け入れについても、ほぼ山小屋に丸投げの今の状況ではいずれ大きな問題に発展しかねません。

まぁ、人のことを言うより、まずは自分のことから。
私なりのやり方で、小さなことからコツコツとやって行きますわ~(^^
2015/07/03(Fri) 00:23:40 [編集/削除]

[394] あけましておめでとうございます

[Res]
投稿者:富士さんぽ管理人さん

画像

500 x 304 (34KB)
参照数:332

1年なんてあっという間ですね。

昨年の登山界は御嶽山の噴火という、想像を超えるというか、想像外のことが起こりました。
いえ、本当に想像外だったかというと、当サイトでも富士山が活火山であることに触れているように、必ずしも全く予想外ということでも無かったのかも知れません。
そういう意味では、当サイトでも噴火リスクを過小評価していたことに違いは無く、わが身を省みているところです。

一方で、当サイトでは他のリスクについてはこれでもかと繰り返し書いていて、過剰に思えるほどです。
「過ぎたるは及ばざるが如し」で、あまり1から10までリスクを網羅してしまうと、本当に気をつけるべきことが埋もれてしまう恐れもあります。
今年はその辺りの修正と、未だ手付かずの『鳥と花の図鑑』など、しっかり作って行きたいと考えております。

今年のテーマは、「初心者のための富士山登山ガイド」から、「脱初心者のための富士山登山ガイド」への脱皮です。
そのためにも、管理人自らの脱皮が急がれるところです。

最後になりましたが、みなさまが今年も無事に過せますように。
2015/01/01(Thu) 23:54:30 [編集/削除]

[2] テスト2

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん  URL

画像

374 x 662 (40KB)
参照数:488

テスト2
2012/06/23(Sat) 23:31:37 [編集/削除]

[23] 素晴らしい。

[Res]
投稿者:遠藤正雄 masaoendo@gmail.comさん  URL

画像

1436 x 1448 (542KB)
参照数:425

exifアイコン

富士さんぽ様
内容が素晴らしい。感心してます。芭蕉天神宮を調べているおりに訪問出来ました。これからも、時々お邪魔します。静岡 遠藤。
2013/06/11(Tue) 02:45:50 [編集/削除]

[24] Re: 素晴らしい。

投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

1280 x 853 (400KB)
参照数:439

exifアイコン

お褒めいただき、恐縮でございます。
この掲示板を立ち上げて1年にして、初めてのお客様です^^;

内容的には、まだまだ理想に遠いです。
もっと頑張らねば。

芭蕉天神宮、初めて聞く名前だったので私も調べてみました。
中々趣があって、興味を持ちました。
当サイトでも、富士山周辺の名所、旧跡を紹介したいのですが、そこまで手が回らないのが残念です。
凝り性なんで、一度手をつけると、調べまくるのに時間が掛かってしまうのもありますが。

蒸気機関車の写真は、遠藤さんが撮られたのでしょうか?
こういう機械物もいいですよね。浪漫があって。

さらに精進してまいりますので、また感想をお寄せください。

(写真は、神奈川県の蓑毛バス停前にあるお店のネコちゃん)
2013/06/12(Wed) 06:57:01 [編集/削除]

[4] テスト4

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん  URL

画像

250 x 200 (96KB)
参照数:483

テスト4
2012/06/23(Sat) 23:38:34 [編集/削除]

[37] 富士山の傾斜

[Res]
投稿者:gkrsnamaさん  E-MAIL
どこかのサイトに富士山の傾斜は30-40度とかありまして、そんなにあるとは見えないと不思議に思っていました。ここを読んでどうやら%のことかと納得行きました。(ちなみに日本国道の最大傾斜は30%で17度になります。奈良の暗峠。自転車界では有名なところで、大学選手権優勝者は撃退されたとか、ツールドフランス選手なら登れたとかいろいろ言われています。故郷なんでよく知ってますよ。歩いて降りるのも怖いくらいの急坂で、年寄りは登れません。)

40度というと、マッターホルンの一般ルートのヘルンリ山稜の平均斜度で、完全な岩登りです。手を使わなくてあるけるところもあるのですが、60度くらいの所も多いそうで手なしでは登れませんしザイルも使います。実際に40度を上から見ると垂直近くに見えます。が、素人でもトレーニングを積んでガイドを雇えば何とかなるみたいですね。(対して、すぐ横の北壁は平均斜度70-80度で真ん中辺がかなりオーバーハングしています。加えて氷と岩のミックス。ここはよほど力がないといといけません。)日本では前穂高の北尾根(ゴジラの背)とか槍の北鎌尾根からの登りがこれくらいのようです。

火山で斜度40度もあれば崩れちゃいますよね。(火山というとアコンカグアの南壁は崩落面で、傾斜40度くらいあるように見えます。一般ルートの傾斜は富士山より緩く20度くらいに見えます)

オレももうすぐ定年だからまた山をやろうかと調べてるんですよ。まずは(中では容易な)マッターホルンとか(高山だが技術不要の)アコンカグアはどうかってね。定年前は土日も出勤で休みなしですから、無理です。
2014/03/09(Sun) 17:27:37 [編集/削除]

[38] Re: 富士山の傾斜

投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

500 x 375 (114KB)
参照数:446

> どこかのサイトに富士山の傾斜は30-40度とかありまして、

コメント、ありがとうございます。
富士山でも、一部の岩場で30~40°ぐらいのところはあります。
吉田ルートの7合目、花小屋のすぐ先など。
もちろん、平均斜度はもっと緩やかですけど。

>オレももうすぐ定年だからまた山をやろうかと調べてるんですよ。まずは(中では容易な)マッターホルンとか(高山だが技術不要の)アコンカグアはどうかってね。


うらやましいです ^^
海外の山は憧れますけど、先立つものが無いので、TVで見ているだけですね。
2014/03/12(Wed) 20:07:32 [編集/削除]

[39] Re: 富士山の傾斜

投稿者:gkrsnamaさん
エヴェレストとかマッキンリーとかナンガとか北壁とか、マラソンを2時間10分以下で走れっていうようなもんで、素人にはぜんぜん無理。でもね、マッターホルン一般ルートならマラソン4時間完走と同じくらいじゃないかって思ってるんですが。みんな5年計画でトレーニングしますでしょ。富士山とか槍ヶ岳と同じで一泊二日。例えて言えば、槍の肩の小屋までは同じ、それからあとの槍ヶ岳の穂先が高度差100mじゃなくて1500m続くようなもんです。

>吉田ルートの7合目、花小屋のすぐ先など。もちろん、平均斜度はもっと緩やかですけど。
もう20年になりますか。いっぺんドライブウェイ終点から富士山に登ったことがあります。浅間山くらいだと思っていたら、斜度がきつく岩場が続いてびっくりしました。あれなら滑落したら止まらないわけ。

あの時、登頂できませんでした。

9月末でしたっけ、山はもう終わってたんが、8合目の小屋が秘密営業。それを雑誌か何かで仕入れて、京都から中央高速で行ったんです。8合目の小屋について明日は登頂とおもってたら、まわりが何やら騒がしい。みんな途中で追い抜いた親子連れがまだつかないと心配しているんですね。ところが小屋のおばさんは「降りたんだろ。助けなんかに行くな。」とのたまって誰もいけない。みんな登山装備でないですしね。小雨も降ってだんだん暗くなります。連れの中国人留学生は散々心配してたんですが、オレも小屋の主人の意向に逆らってまで動けなかった。で、完全に日が落ちて、ついにカナダ人が飛び出したんです。そこでおれも続いた。なんせ登山装備はオレだけだったですから。その時にありがたい言葉をかけてもらいましたよ。「助けても上がってくるな。来ても追いかえす。」と。

2kmほど降りると、親子連れが動けなくなっていました。疲労凍死寸前で危なかった。あいつら普通の夏服でまともな雨着も着てませんでした。そこで、こどもをカナダ人と2人で交互におぶって小屋まで戻ったんです。親には小屋まで先に登って助けを頼んでとお願いしたんですが、彼らもよろよろで何とかこちらについてくるのがやっとの状態でした。今みたいにケータイがあればよかったんでしょうね。でも小屋ではさすがに追いかえされませんでした。(小屋の態度はどうしたんでしょう。秘密営業がばれるのが怖かったんでしょうかね。下手に素人が動くと2重遭難になりかねないってのもあったのかも。)

次の日はうっすら新雪。みんな運動靴で登ってました。でもオレは疲労困憊、運転手も高山病でふらふらでしたし、撤退しました。中国人が一人元気でした。雷峰みたいだって言ってもらった。(エライのはオレじゃなくてカナダ人ですけどね。日本人は周りばっかり見てダメだなあって思いましたよ。オレもね。)

思い出って自分の足跡でしょ。実際、思い出すのも恥ずかしかったり苦しかったりで、頭を抱えたくなるようなものが多いのですが、これは純粋に好ましく懐かしいものです。たぶん登頂できたよりも、いっそうに。

彼らはあれからどういう人生を歩んでるんでしょうね。元気でやってるでしょうか。
2014/03/16(Sun) 19:29:04 [編集/削除]

[40] Re: 富士山の傾斜

投稿者:gkrsnamaさん
あれから気になってあちこちの山の傾斜を見ています。写真から滝谷で45度くらいで、マッターホルンの40度は傾斜が緩いと言えないし、富士山の最大傾斜30度もかなりのものであるのがわかります。

ヨセミテのハーフドームの西壁は垂直1200m、一般ルートの東山稜のケーブルルート(鎖つき)は30度くらいですが、30度でもときどき滑落死するみたいですね。あそこは花崗岩のぺらっとした一枚岩で、アイスバーンみたいに滑って行くんでしょう。雪もないわけで登攀用の靴を履いていけば30度なら滑らないと思うんですが?西壁を登った登山者がケーブルルートを降りたんですが、ちょっと怖かった(笑)そうです。
2014/03/23(Sun) 13:13:34 [編集/削除]

[41] Re: 富士山の傾斜

投稿者:富士さんぽ管理人さん

画像

1200 x 1600 (225KB)
参照数:396

exifアイコン

疲労凍死寸前の親子の話は興味深いですね。
山小屋の言いようもどうかと思いますが、それでも助けに出たカナダ人の方とgkrsnamaさんの行動こそ山屋というものでしょう。

最近は登山に対する視線が厳しく、「自己責任」という言葉が聞かれますが、実は山登りほど「相互扶助」の精神が盛んなものも無かったとも思います。
昔の登山記や遭難記を読んでいると、全くの他人同士でも、いざとなったら自分の登山を中止してまで救助、捜索に尽力する、そんな姿が数多く描かれているのを目にします。

それを好ましく思いこそすれ、「自分のせいだから放っておけ」なんて、自分は一人だけで生きて来たとでも勘違いしているんでしょうか。
古き良き時代なんて言うと爺臭いですが、そのような精神を継承していけるように私のサイトでも伝えて行きたいですね。
2014/05/17(Sat) 16:51:27 [編集/削除]

[20] 腹が減ったらロッケンロール

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

1024 x 511 (66KB)
参照数:411

こういうサイトを運営していると色々調べて知識だけは豊富になるのですが、基本的なことで調査を怠って間違いを見逃しているなんてことがあります。
最近気づいたことに、『御来光』てのがありまして、御来光は高い山の山頂で見る朝日のことだそうです。
「8合目から御来光が見られます」なんてのは間違いなんですね。
あ~あ、直さないといけない箇所が多すぎて・・・しばらく放置です(笑)

7月の山開きも近づいて来ました。
シーズンに備えてカメラを買いましたよ。
今まではビデオカメラで静止画を撮影してたのですが、調べてみると有効画素数が150万ぐらい(笑)
今時の携帯電話にも負けてます。
まぁ、うちのサイトは情報提供を目的としているので、画質がキレイである必要はあまりないのですが、ピンボケが多いのは困ってました。
気軽に撮り直しに行ける場所ではないですからね。

てことで、Nikon1 J2てのを買いました。
腕はないので、出てくる絵は大して変わらないかもですが・・・
2013/04/26(Fri) 22:37:19 [編集/削除]

[21] Re: 腹が減ったらロッケンロール

投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

400 x 253 (18KB)
参照数:435

富士山の世界遺産登録がほぼ決まりでしょうか。三保の松原の立場が気になります。
やっと明日から休みになります。どっか山登りに行きたいですね。
そういえば、富士山スカイラインの桜がそろそろ満開になるころのはずです。平地の桜はやけに早かったですが、富士山ではどうなのでしょう。

さくら情報- 観光課 - 富士宮市
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/kankou/hanami/sakura1.htm
2013/05/01(Wed) 00:54:27 [編集/削除]

[19]

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

192 x 256 (19KB)
参照数:402

光陰矢のごとし。
早いもので、富士山の山開きまで4ヶ月となりました。

TOPページの画像は、河口湖の猿まわし劇場からお借りしたものです。

富士山と桜 写真素材 著作権フリー商用可 その4 - 河口湖-猿まわし劇場-河口湖http://www.fuji-osaru.com/
2013/08/11(Sun) 21:57:42 [編集/削除]

[16] 御礼!10万アクセス

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

400 x 300 (23KB)
参照数:472

先日、おかげさまで10万アクセスを達成いたしました。

去年の4月にスタートしてから1年半。こんなに早く到達するとは思ってもみませんでした。
開始から1年で1万件にも届かなかったのですが、わずか5ヶ月で一気に9万件を稼ぎ、私も驚いています。
特に7月からは怒涛のようにアクセスが増え、1日にビジターが1,600人を超える日もありました。
富士山も冬を迎え、シーズンオフとなりましたが、当サイトは今年もまだまだ更新を続けます。

とりあえず、今年は3回山頂に立てたので、まだ書いていないレポートを出来るだけ早く掲載したいと思っています。そして、本来のメインコンテンツである、登山ガイド。これは富士山関連の情報を更新することを優先したため、後回しになっていました(言訳)。
初心者に毛の生えた程度の私ですが、自分なりに考え、試したことをフィードバックするつもりです。まずはストックの項目を手直しと、歩き方についてを予定しています。

登山のときのように、ゆっくりマイペースな当サイトですが、今後ともよろしく。
2012/09/19(Wed) 00:39:38 [編集/削除]

[14] 秋の気配

[Res]
投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

2208 x 1244 (708KB)
参照数:502

exifアイコン

早いもので8月も下旬になりました。
私はまだ2~3回登りたいと思ってますが、出来るかどうか。

参考に、須走ルートと御殿場ルートの山小屋の空き状況を載せておきます。

それぞれ、『道の駅すばしり』と御殿場口新五合目の『観光案内所』に掲示されていたものです。
2012/08/22(Wed) 21:15:25 [編集/削除]

[15] Re: 秋の気配

投稿者:管理人@富士さんぽさん

画像

2208 x 1244 (604KB)
参照数:437

exifアイコン

先週の日曜日前後のものですが、今週の山小屋予約の参考になると思います。
もっと早く出せば良かったのですが、今思いついたので。
2012/08/22(Wed) 21:17:28 [編集/削除]
最初  < 1   2   3     >

- Ay BBS -

Powerd by aki-web